オフィシャルサイト限定GEOシリーズに40サイズ登場!おかげさまでリニューアル1周年!
 
 

1966年から脈々と、足の健康を思考し続ける靴作り

アルコペディコは、1966年にポルトガルで誕生しました。
ポルトガルは古来から坂道が多く、道路は固い石畳になっているなど脚に負担が掛かりやすく、怪我や病を患う人も少なくありませんでした。そこで、足の負担を軽減し「歩きやすく、疲れにくい」を追求して作られたシューズがアルコペディコです。
解剖学・人間工学の権威であるエリオ・パロディ氏が、直接加重が掛かるソールに圧力を分散して負担を軽減する構造を考案。アッパーにはフィット感を持たせ理想の履き心地を実現しました。ヨーロッパらしくファッション性も取り入れ、カラーバリエーションやデザインも豊富。

シューズは熟練の職人が一足一足丹念に作り上げています。
ベースとなるソールのデザインは半世紀経った今も変わらず、世界50カ国以上の国や地域で愛用されているベストセラーブランドです。

  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ
  • アルコペディコ

受け継がれるエリオ・パロディ氏の想い

エリオ・パロディ

1914年に生まれたElio Parodi(エリオ・パロディ)氏は、スイスのチューリッヒ大学で解剖学や人間工学を学びました。 彼が固い革靴しか売られていなかった当時の靴市場に疑問を抱いたことや石畳の坂道が多く足腰に負担が掛かり痛めやすいというポルトガル独特の風土がアルコペディコのブランド誕生背景にあります。
彼はポルトガル人の妻と共にスウェーデンで整形外科学会に参加し、身体の重要である背骨を支える役割も担っている土踏まずのアーチを正しくサポートするべきという強い信念を抱きました。

徹底的な研究の後、土踏まずのサポートに焦点を合わせた整形外科的視点の靴を開発し特許を取得。 1966年にポルトガルのコンフォートシューズメーカーとしてRopar(ロパール)社を設立しました。

現在もポルトガルの港湾都市ポルトにある自社工場で一貫生産体制を採り、熟練職人の技術が活かされたハイクオリティで丁寧な靴作りを続けています。

アルコペディコ

『ARCOPEDICO』というブランド名は、ポルトガル語で「足のアーチ」という意味を持ち、アルコペディコの最大の特徴であるツインアーチサポートシステムと、 土踏まずのサポートこそが足、そして、身体への健康促進の基本であるという創業者の想いが込められています。

今もなお、世界中の多くの人に愛されるコンフォートシューズを世に送り出しています。

pagetopへ